fc2ブログ

映画「怪しい彼女」鑑賞~♪

大好きな映画「サニー」の女優シム・ウンギョンが主演なので、
公開を心待ちにしていました。
韓国語教室のチングたちと6人で見に行き、
皆さん満足していましたよ。

年齢による女性の取り扱いの違いについて、球技のボールに擬え、
バスケットボールのシーンから、映画が始まりました。
続いて、大学の授業風景~若い生徒たちが、
思い思いに老人のイメージを話します。
まあ~ちょっと失礼な~と思いながらも、
老いの現実に頷きつつ、映画の世界に誘われます。

そして、70歳のヒロインが登場~なかなかの迫力!
オードリー・ヘップバーンの写真がウインドウに飾られた青春写真館で撮影をすると、
なんと20歳の自分に若返り~
外見は可愛いけれど、中身は毒舌おばあちゃん、
オードリー・ヘップバーンならぬオ・ドゥリと名乗る怪しい彼女が、
周囲を騒動に巻き込みながら、やがて若い頃の夢だった歌手になります。

あの、かなりしんどい社会派の映画「トガニ」の
ファン・ドンヒョク監督が手がけたコメディ~
ずいぶんと趣きが違う作品ですが、
仕込みに抜かりはなく、ほんとに良くできた映画です。
奇想天外な話ですが、時代や社会、人間や生活をしっかり描き、
俳優もそれに応えています。
キラリ光る宝物のようなシーンがあったり~
歌声に心打たれ~
悲しくて切なくて涙が頬を伝い~
そして、クスクス、ゲラゲラと良く笑いました。

若い頃の自分に戻ってみたいと思うことはありますか?
私はけっこう妄想癖があるので、考えます。
あの頃の未熟でおバカな私ではなく、いくらかマシになった今の私が
若い肉体に入り込んだら、ちょっと違う人生になるのではないかしら?
なんて~~~

映画ではその奇跡を通して、人生を肯定的に受け入れるようになり、
それが、家族にも幸せをもたらします。
この先も生きていけるような素敵な思い出を
彼女が手に入れたことも、なんだか、とっても嬉しかったです。

もちろん、現実には、そんな奇跡は起こりません。
でも、だんだんに、あるいは何かをきっかけに、
我が人生を肯定的に受けとめることができるようになれば、
幸せになれるような気がします。
きっとそこが肝だなーと思うようになった今!
出会うことができた素敵な一本でした。
すべての人が楽しめる映画だけれど、
シニアやオンマには、より胸に迫るものがあるのではないかと思います。

そうそう、最後に、思わすキャッと声をあげるような、
大サービスのシーンが用意されていますよ。
また、エンドロールの最後の言葉にも温かく包まれます。

どうぞ、お楽しみに~皆様、是非、映画館へ足をお運びくださいませ。

怪しい彼女


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する